「我々はタブレットをPCだと考えている」次期 Windows Phone 端末もお披露目されたマイクロソフト Worldwide Partner Conference で、Windows Phone担当役員のAndy Lees氏がタブレット戦略についても語りました。いわく、同社のスマートフォンプラットフォーム Windows Phone 7 は、タブレットには「相容れない」とのこと。アップルはiOSで、GoogleはAndroidで、HPもwebOSで、それぞれスマートフォン用プラットフォームをタブレットにも活用するという戦略をとりましたが、MSはすでに発表されたとおり、タッチフレンドリーにUIを一新したWindows 8を核として、タブレット分野へ挑むことになります。同氏によれば、Windows 8におけるネットワークと印刷分野のサポートが、タブレットにおいても重要になるとのこと。なんだかんだと出遅れてしまっただけに、豊富なWindowsのハード & ソフト資産をタブレットにも生かしたいというのは当然の考えかもしれません。まだ売るほうも買うほうも活用方法を模索するタブレットですが、PCの延長線上で考えるか、スマートフォンの延長線上で考えるかという経営判断は、後々大きな影響を及ぼしそうです。