ソニー Nexelion (ネクセリオン) に容量大幅増の新モデル

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年07月12日, 午後 09:11 in battery
0シェア
FacebookTwitter

(※ 電池の記事です。) ソニーがノートPC向けのリチウムイオン電池 Nexelion (ネクセリオン)を発表しました。ネクセリオンは負極にスズ系アモルファス素材を用いた高容量リチウムイオン二次電池。ソニーは2005年に直径14mm・長さ43mmの円筒形ネクセリオンを発売しハンディカム用電池として展開してきましたが、今回発表された新型はノートPCのバッテリーセルとしてよく用いられる直径18mm・長さ65mmサイズ。充電終止電圧を4.3V、放電終止電圧を2.0Vまで拡大することで、黒鉛負極を採用した同サイズの従来品(2.2Ah) と比較して大幅な容量増となる3.5Ahを実現しています。(エネルギー密度は従来品で182Wh/kg、新ネクセリオンで226Wh/kg)。

またスズ系アモルファス負極の特性として低温に強く、-10度から0度の低温環境下での放電容量が従来品の約75%向上している点、0.7ItAの高速充電が可能といった点も特徴です。ソニーのノートPCバッテリーといえば数年前に大規模な自主回収騒ぎがありましたが、新ネクセリオンは「ポリオレフィン微多孔膜に3次元ネットワーク構造を持つセラミック層を付加」した高機能なセパレータを採用しており、金属異物が侵入した場合でも内部短絡を阻止する機能を持つとしています。ノートPC用 ネクセリオンは2011年内にも出荷される予定。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: battery, li-ion, nexelion, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents