Android 3.2 SDK提供開始、新機能ハイライト公開

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年07月19日, 午前 07:06 in android
0シェア
FacebookTwitter

Googleが Android 3.2 SDK と開発者向けガイドを公開しています。華為技術 MediaPad の発表で世間を「ん?」と言わせた Android 3.2 は、タブレット向けのAndroid 3.x " Honeycomb " にいくつかの新機能を追加したアップデートバージョン。APIレベルは13になっています。利用者目線の新機能は:
  • より幅広いタブレットへの最適化 (リファレンスの決め打ちサイズだけでなくさまざまな画面サイズ・解像度のタブレットに対応)
  • 固定サイズアプリ用の互換ズームモード (UIが固定されたアプリを実サイズで描画した後、スケーリングして大型画面向けに表示)
  • SDカードからのメディアシンク (SDカードスロットを備えた端末で、カードからアプリに直接メディアファイルをロード可能に)
開発者側では、従来のおおまかなscreen density モデルから、より正確に画面の解像度レンジとUI / リソースの組み合わせを指定できるようAPIが拡張されました。従来の分類にはテレビ向けのtvdpi が追加。また画面サイズ以外でも、各APIに細かな追加・変更が加えられています。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android 3.2, Android3.2, google, honeycomb, sdk, software
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents