hpの15.6型ノート g6-1100 に3万円台のAMD "Sabine" 採用モデル。ENVY14も刷新

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年07月28日, 午後 02:45 in amd
0シェア
FacebookTwitter

hp が ENVY シリーズの最新モデル、HP ENVY14-2000 Beats Edition を発表しました。14.5インチサイズのハイエンドノートで、相変わらずニューアルバム"Detox"の到来が見えないDr.Dreの"Beats"ブランドと今回もコラボレーションを行います。強化ポイントは"Sandy Bridge"世代のプロセッサを搭載したこと、グラフィックが AMD Radeon HD 6630M になったこと。DirectPlusモデルではCore i7-2630QMを、量販店モデルではCore i5-2410Mを標準で搭載します。そのほかの仕様は4GBメモリ、640GB 7200rpm HDD、92万画素TrueVision HDウェブカメラ、802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 3.0、2in1メディアスロット、HDMI、Mini Display、USB 3.0、USB 2.0 x 2、Beats Audioステレオスピーカー、英語配列キーボード。ディスプレイ解像度は1366x768。重さは2.55kg。OSはWindows 7 Home Premium 64bit。Adobe の Photoshop Elements 9 と Premiere Elements 9 が付属します。ACアダプタはUSB端子の付属するスリムスマートACアダプタ。DirectPlus価格は11万9700円から、本日7月28日発売。店頭では8月5日販売開始予定です。

またあわせて、15.6インチノート HP Pavilion g6-1100 に AMD の Fusion APU "Sabine" A4-3300M APU を採用したモデルが追加されます。こちらはDirectPlus限定、2GBメモリ、320GB HDD、Windows 7 Home Premium 64bitという構成で3万9900円から。本日7月28日発売です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amd, apu, beats, dr dre, DrDre, envy, fusion, hp, pavillion, pavillion g6, pavillion g6-1100, PavillionG6, PavillionG6-1100
0シェア
FacebookTwitter