デルや hp らのウルトラブックに製造の遅れ、登場は来年?

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年07月28日, 午後 01:45 in acer
0シェア
FacebookTwitter
ASUS UX21

速い・安い・軽い、おまけに9月にも製品が hp や ASUS から登場とあっては、期待せずにはいられないインテル「ウルトラブック」構想ですが、現実はそう簡単ではないようです。今回も台湾 DigiTimes によると、hp、ASUS、Acer、デル、レノボらは、今年中の発売を目標に9月から一斉にウルトラブック製品の製造をはじめる計画であるものの、このうちAcerやデルについては、液晶部分の歩留まりが低く(不良品が多く)、登場が遅れるかもしれないとのこと。Foxconn が製造する hp 版ウルトラブックについても、当初は8月の発表が噂されていましたが、実際は年末から年明けにずれこむ見通しです。

また「速い・安い」部分にも冷や水を浴びせるような証言が出ています。ASUS UX21 といえば Core i7 採用など高性能を誇りつつ、 1000ドル以下で販売されるウルトラブックの例としてインテルの発表会でも持ち上げられた製品ですが、Taipei Timesで紹介されているASUSの開発関係者コメントによれば、1000ドルというのはあくまで Core i3 を採用した場合のお値段とのこと。Core i5 や Core i7、あるいは SSD を選べば、そのぶん価格も上昇し、2000ドル程度になると釘を刺しています。

まあ、期待値が高ければ失望することもありますが、期待値が低くなればサプライズが待っていることもあります。それにしても、何事もなく Lion と同時に MacBook Air の新モデルを送りこんでみせた、アップルの生産管理の妙を感じさせるニュースです。

[Thanks, Marco]

Notebook Italia (translated)
sourceTaipei Times, DigiTimes
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: acer, asus, dell, hp, lenovo, ultrabook
0シェア
FacebookTwitter