Android 用の手書き入力 IME 「mazec (J) for Android [β版]」がリリースされました。株式会社 MetaMoji が開発した mazec は、ひとつの単語で漢字とひらがなを混在できる「交ぜ書き変換」やストレスの少ない高速認識などを特徴とする手書き入力エンジン。先行した iPad版・iPhone版アプリ 7notes ではメモアプリに組み込まれた形態でしたが、サードパーティー製の入力システムを許す Androidでは汎用のIMEとして提供されるため、さまざまなアプリで直接 mazec による入力が可能になります。

mazec (J) for Android β のインストール要件は Android 2.1以降 (3.x 除く)。製品サイトでは国内キャリアの端末を中心に動作確認機種リストが掲載されています。本日リリースされたβ版は無料の試用バージョンで、使える期限は9月30日まで。以降は「鋭意開発中」の製品版が利用できるようになる予定です。インストールや実際の利用デモは続きのプロモ動画をどうぞ。

mazec (J) for Android 製品ページ
Twitter アカウント (@androidmazecj)
Androidマーケット

追記:せっかくAndroidなのだから、音声入力ボタンを mazec上に表示するオプションも欲しいところ。どこでも音声入力をサポートするのは標準キーボードのほか Swype や SwiftKeyなど。