オンラインRPG Diablo III が現金オークションに対応へ

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年08月4日, 午後 10:15 in blizzard
0シェア
FacebookTwitter

オンラインアクションRPGの代名詞 Diablo を販売する Blizzard Entertainment が、新作 Diablo III で現金を用いたオークションシステムを導入する計画を明らかにしました。先週行われたメディア向けイベントにて同社幹部のRob Pardo氏が発表したもので、これによりアイテムやゲーム内通貨ゴールド、キャラクターなどをプレイヤー間で現金売買できるようになります。あくまでオークションシステムが新しく導入されるという話であって、ゴールドによるオークションがなくなるわけでも、ましてやゲーム内通貨とリアル通貨が一体化するわけでもありません。

ゲーム内アイテムの現金売買、いわゆるRMT(Real Money Trade / Transfer)は大半のオンラインゲームで禁止されており、詐欺や不正の温床として否定的に捉えられることが一般的ですが、にも関わらず多くのゲームにおいて非公式なかたちで横行していないとは言わせない状態が続いています。Diablo III で現金オークションが導入されるのも、Pardo氏いわく「いずれにせよプレイヤーはやるだろうから、それならば安全な方法で」とのこと。オークションの利用には商品登録時と、決済時にそれぞれ手数料が必要という話なので、当然ながら「どうせやられるなら、ちゃんと自社が稼げる方法で」という見方もできます。過去にも、エバークエスト2のようにサーバー限定でRMTを導入したゲームはありましたが、超大型ゲームの名にふさわしい Diablo III での導入は、多様化するゲームビジネスのありかたにも一石を投じそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blizzard, blizzard entertainment, BlizzardEntertainment, diablo, diablo 3, diablo iii, Diablo3, DiabloIii, game, real money, real money trade, Real Money Transfer, RealMoney, RealMoneyTrade, RealMoneyTransfer, rmt
0シェア
FacebookTwitter