指先サイズで容量128GBのSATA SSD サンディスク iSSD 発表、新規格 μSSD 採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年08月10日, 午後 09:30 in issd
0シェア
FacebookTwitter

サンディスクが、新規格 μSSD 採用の組み込みストレージ製品 iSSD を発表しました。シリアルATAの規格化団体 SATA-IOが米国時間9日に発表したμSSDは、モジュールコネクタを持たないBGAパッケージ型のSATA SSDを定めた規格。マザーボードに直付けすることで、安価に従来より薄型のタブレットやノートが実現できるとされています。

写真でタブレットと並んでいるのは、規格公開と同時にサンディスクが発表したμSSD採用製品 "SanDisk iSSD i100"。16 x 20mmのサイズで、32GBまでは厚さ1.2mm、64GBなら1.4mm、128GBで1.85mmの薄型を実現しています。容量は8GBから128GB、転送速度はシーケンシャル読み450MB/s・書き160MB/s。サンディスクはターゲット製品としてタブレットのほか Ultrabook を挙げています。

iSSD 製品ページ (SanDisk)
μSSD 規格 (SATA-IO 発表文。PDF)
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: issd, micro sata, MicroSata, sandisk, sata, sata-io, ssd
0シェア
FacebookTwitter