米国のネット映像配信大手 Hulu が、年内の日本国内向けサービス開始を発表しました。Hulu が米国外に進出するのは日本が初めて。2008年に一般向けサービスを開始した Hulu は、メディアグループの NBCUniversal ・ Fox (News Corp)・Disney-ABC などが所有するため膨大な量のドラマや映画ライブラリを誇り、米国で代表的なネット映像配信サービスのひとつとなっています。

公式blog の告知によると、国内向けのサービスにより「日本のエンターテインメント・ファンは、初めて、テレビやパソコン、携帯電話、タブレット型端末で、人気ハリウッド映画や、海外ドラマの豊富なラインアップをいつでもどこでも、月額固定料金で楽しむことができるようになります」。

また「日本には、ハリウッド映画や海外ドラマの分野において、未開拓の市場ニーズがあると考えております」とあることから、少なくとも当初のラインナップは、米国のコンテンツホルダーが持つ映画や海外ドラマになるようです。

Hulu はすでに東京にオフィスを構え、企画・運営チームが年内のサービスに向けて最終調整にあたっているとのこと。リンク先の hulu.jp ではサービス発表時に招待状が送られるメール登録を募っています。

米国の Hulu には広告付きの無料サービスのほか、TVシリーズの過去シーズン全話などにもアクセスできる月額制サービス Hulu Plus があり、PCだけでなくネット接続テレビやスマートフォン、タブレット、さらにはPlayStation 3 や Xbox 360でも視聴できるマルチプラットフォームも特徴です。国内でもぜひプラットフォームの違いやデジタルテレビ録画の不便を気にする必要がないサービスに期待したいところです。