Google + にゲーム追加。でも「邪魔になりません」(Google)

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年08月12日, 午後 03:05 in game
0シェア
FacebookTwitter

メカも触手もソーシャルゲームという今日このごろ、Google が公然の秘密だった Google+ Gamesを正式に開始しました。初期ラインナップは Angry Birds や Bejeweled Blitz、City of Wonder、Zynga Poker、数独などおなじみの面々。 ページ上部の「ゲーム」ボタンからページにアクセスでき、ウェブ上でそのまま遊べます。

対人プレイや招待、実績の自慢、友人が最近遊んだゲームの確認など、近代的な機能にもひととおり対応します。ただ面白いのは、「遊びたいときにそこにあり、遊びたくないときは消える」「興味がなければ無視するのも簡単」と、ユーザーに決めさせることを強調している点。たとえばスコアを共有しても " Games " のページにのみ現れるため、ゲームに興味のない人のストリームをゲーム関係のアップデートで埋める / 埋められることがありません。

Google+ Games は Googleサービスの常として段階導入されるため、すべてのサーバに染み渡るまでしばらくかかる見込み。いまボタンが見えないかたもそのうちいつの間にか選べるようになるはずです。ウチのゲームも載せたい!という開発者は、アプリプラットフォームとしての Google+ を扱う Google+ Platform Blogへ。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: game, google, google plus, google plus games, GooglePlus, GooglePlusGames
0シェア
FacebookTwitter