ニコンから COOLPIX 製品が一挙に発表されました。フラッグシップ機の改良モデル P7100、プロジェクター内蔵モデルの第3弾 S1200pj、コンパクト & 10倍ズームの S6200、広角25mm & 14倍ズームのS8200、エントリーモデルの S100、そしてニコン初の防水・耐衝撃・耐寒仕様コンパクト AW100 です。AWはAllWeatherの略で、「アーバンアウトドア」志向の新シリーズ第一弾とのこと。他社から続々と登場しているタフ路線にニコンもようやく乗り込むかたちですが、かつて戦場カメラマンが非常時に頑強なニコンFで応戦したという逸話を考えれば、タフなニコンというアピールは一定層の心に響きそうです。

肝のタフ性能は水深10m防水、1.5mの耐衝撃、-10℃の耐寒など。また、グローブ装着時でも利用できるよう大きなボタンを採用し、本体を振って設定することができます。あわせて水中専用のシーンモードを搭載。さらにA-GPS、電子コンパスを内蔵し、写真撮影時に位置情報を取得するのはもちろん、電源OFF時でも位置情報を記録し続けるログ機能を備えています。

カメラそのものの性能は有効画素数16メガピクセル、広角28mmからの光学5倍ズーム、1920x1080解像度・ステレオ音声対応のフルHD動画撮影機能、46万ドット・広視野角3型TFT液晶モニター、19種類のシーンモードなど。対応メディアはSD/SDHC/SDXCカード。バッテリー込みで重さは178g。サンシャインオレンジ、フォレストカムフラージュ、オーシャンブルー、ナチュラルホワイトの4色で、9月8日の発売予定です。

AW100, P7100, S6200 / S8200 / S1200pj / S100 (ニコン)