HTCの未発表 Android タブレット " Puccini " の実機画像を入手しました。 「プッチーニ」は流出したロードマップなどから存在が明らかになり、7月には FCCでそれらしき " Tablet Computer " が見つかっていたタブレット製品。10インチの画面を備え、LTEへの対応がうわさされてきました。

情報提供者によれば、写真の実機は米AT&T版のテスト用ユニット。表側右肩のロゴと、裏面にある「4G」ロゴがLTE対応を裏付けています。そのほかこの個体の仕様は1.5GHz駆動のデュアルコアプロセッサ、10.1型WXGA画面、1GB RAM、16GBストレージ、背面に8MPカメラ (デュアルLEDライト)など。ソフトウェアのバージョンによるものか、以前の「流出」スクリーンショットにあったペン型アイコンはなく、Flyerと同様のデジタルペン入力対応はうかがえません。

米AT&T版の Puccini は遠くない時期に発表・発売される予定。なお、ギャラリーにあるもうひとつのデバイスは7インチで手書きに対応するタブレット HTC Flyer の WiFi版。7インチのサイズと個性、HTC品質を求める向きにはこちらも注目です。