Let'snote 秋冬モデル発表、S10 に世界最長18時間駆動の 128GB SSDモデル

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年08月24日, 午後 04:15 in letsnote
0シェア
FacebookTwitter

暦の上ではもう秋、と告げるかのようにパナソニックが Let'snote の新モデルを発表しました。コンバーチブルタブレット C1 に新モデルはなく、光学ドライブ付きで15.6型の B10、12.1型の S10、光学ドライブなしで12.1型の N10、10.1型でスタンダードモデルとハイエンドモデルが用意される J10 というカルテット構成。変更も最小限に留まっています。具体的には:
  • S10に128GB SSDモデル追加、世界最長18時間駆動
  • 各モデルのCPU性能向上:B10/S10/N10 Core i5-2540M vPro、J10スタンダードモデルはCoreTM i3-2330M
  • J10が4GBメモリ搭載
  • B10にUSB 3.0ポート搭載
など。もはや手を加えるところのない完成された製品になったのか、ビジネスユースでの人気を考えて冒険を避けているのか、あるいはPC業界全体を覆う停滞感をあらわしているのか。発売は9月9日から順次。そのほか、Core i7モデルが拡充されたマイレッツ倶楽部モデルや、遅れて"Sandy Bridge"世代になった法人向けモデルもあわせて発表されています。

店頭モデル, マイレッツ倶楽部モデル, 法人モデル

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: letsnote, panasonic
0シェア
FacebookTwitter