Subtitle Glasses

映画館で着用する特製メガネというと各種の 3D メガネが思い浮かびますが、次は字幕表示用のメガネが展開されるようになるかもしれません。BBC によると、このわりとスタイリッシュなメガネは、レンズ部分に緑色の文字を投影することで、字幕のない映画にも字幕を重ねあわせられるというもの。ソニーUKが開発しています。字幕付き作品の上映が限られているせいで従来は自由に映画を楽しめなかった聴覚障害者でも、このメガネさえあれば好きな作品を観ることができる......というのが説明されている一番の用途になります。ただほかにも、母国語の異なる集団が映画館に集ったとき、それぞれの言語に字幕をあわせて洋画を観るとか、あるいは映画以外のアトラクションでも AR 的に利用するとか、いろいろと使い出はありあそうです。メガネは来年から実際の映画館で実証を行っていく予定。リンク先には動画ニュースが掲載されています。