ソニー Reader 次期モデルの仕様流出、デュアルタッチ対応?

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年08月29日, 午前 11:00 in ebook
0シェア
FacebookTwitter

型番までは分かっているソニーの電子書籍端末 Reader の次期モデルの写真と仕様が、オランダの小売サイトでなぜか公開されています。bol.comなるウェブサイトの情報によると、新モデル PRS-T1 は6型 E Ink ディスプレイを採用した、現行 Touch Edition サイズの製品。解像度は変わらず 800 x 600 ですが、ピンチズームなどにも対応する「デュアルタッチ」仕様とされています。プラスチック素材を採用したせいか、重さはだいぶ軽くなって168g(Touch Editionは215g)。待望の WiFi も搭載し、Wikipedia や Google 検索などを行うことができます。ストレージは 2GB、microSDスロット付き。本体下部、ボタンまわりのデザインがどことなく Android 風なのはただの偶然でしょうか。次期 Kindle とあわせて、詳細が気になります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ebook, ebook reader, EbookReader, ebooks, reader, sony, sony reader, SonyReader
0シェア
FacebookTwitter