ソニーから業界初の 3D サラウンドヘッドホン MDR-DS7500

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年08月30日, 午後 02:15 in 3d
0シェア
FacebookTwitter

ソニーが業界初となる 3D サラウンドヘッドホン「MDR-DS7500」を発表しました。3Dというのは、従来は水平方向に留まっていたサラウンド音場に、高さ方向も加えたということ。業界初というのは、つまり民生品では初ということです。ドルビープロロジックIIzデコーダーを搭載しており、通常の 2ch / 5.1ch / 7.1ch 音声信号から3Dサラウンドを作り出すことが可能。HDMI端子を備えており、HD音声フォーマットに対応するほか、"ブラビアリンク"にも対応します。エフェクト面ではソニー・ピクチャーズエンタテインメント監修の「新シネマモード」や、SCEサウンドデザイナー監修の「ゲームモード」などを搭載。低反発クッション採用のイヤーパッドを従来比2倍の厚みにしたことで、3Dメガネのフレームとも干渉せずに装着することができます。

ヘッドホン部は電池込みで重さ325g。リチウムイオン充電池を利用し、フル充電で18時間で動作します。プロセッサー部との無線到達距離は見通し約30m。一方のプロセッサー部は252 x 36 x 159 mmという大きさで、重さ480g。入力端子はHDMIx3、光角型x1、ステレオピンジャックx1。10月10日の発売で、価格は4万9350円。増設用ヘッドホン単体は2万4675円です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 3d, headphone, mdr-ds7500, surround headset, surround sound, SurroundHeadset, SurroundSound
0シェア
FacebookTwitter