東芝が液晶一体型「レグザ PC」を発表、23型と21.5型

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年09月5日, 午後 02:00 in aio
0シェア
FacebookTwitter

おなじみ Dynabook ブランドでノートPCを主力に展開してきた東芝が、液晶一体型AVPCブランド「REGZA PC」を立ち上げました。同社の液晶一体型PCはこれまでハイエンドノートと同じ Dynabook Qosmio 名で販売されていましたが、今後はテレビブランドを名乗ることになります。

ブランド第一弾製品となるのは REGZA PC D731(写真)、および REGZA PC D711。このうち D731 は23型フルHD液晶(1920x1080)やオンキョー製ステレオスピーカーを備え、Office Home and Business 2010が標準で搭載されています。ハンドジェスチャや音声認識による簡単操作機能「てぶらナビ」や、自慢の超解像技術「レゾリューションプラス」も採用。さらにCPUなどによって複数モデルが用意されており、最上位のD711/T9DではCore i7-2600QM、2TB HDD、8GBメモリ、Blu-rayドライブ、2番組同時録画に対応するデジタルTVチューナー2基、サブウーファー、PC電源オフ時でも5秒でテレビを視聴できる「今スグTV」機能といったところ。各モデルともOSはWindows 7 Home Premium、赤・白・黒の3色展開です。

一方のREGZA PC D711は21.5型フルHD液晶(1920x1080)と一回り小さな製品。オンキョー製ステレオスピーカーや「レゾリューションプラス」は搭載されていますが、「てぶらナビ」はありません。仕様もCeleron B800、1TB HDD、4GB メモリ、DVDスーパーマルチドライブ、デジタルテレビチューナー1基と、やや控え目です。発売は9月9日から順次。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: aio, avpc, regza, regza pc, RegzaPc, toshiba
0シェア
FacebookTwitter