Google Music Beta に iOS ウェブアプリ版、バックグラウンド再生やローカルDB対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年09月9日, 午前 08:56 in google
0シェア
FacebookTwitter

Google が音楽サービス Music Beta の iOS対応ウェブアプリ版をリリースしました。5月の Google I/O イベントで発表された Music Beta は、2万曲までの手持ち楽曲をアップロードしてどこでも・どのデバイスでもストリーミングで聴けるサービス。Androidでは標準の音楽プレーヤ最新版に統合され、端末へダウンロードしてオフライン再生にも対応します。

iOS では従来もデスクトップ版のウェブサイトにアクセスすることで一応はブラウズや再生が可能でしたが、ウェブアプリ版ではよりシンプルな画面構成とタッチ操作に対応し、画面の狭い iPhone や iPod touch でも楽に操作できるようになりました。たとえばウェブアプリ版では、小さなタブを狙ってタップするかわりに左右へのフリックでアーティスト・アルバム・曲のリスト表示を切り替えたり、長いリストを「#ABC...」のドラッグでジャンプすることが可能です。

またHTML5のローカルストレージを利用することで、全楽曲のメタデータを高速にインクリメンタル検索することも可能。Safari は iOS の限定的なマルチタスクに対応しているため、Music Beta で曲を再生しつつ別のアプリを操作することもできます。

デスクトップ版のインスタントミックスやプレイリスト編集といった高度な機能はなく、またAndroidアプリ版のように明示的にキャッシュを保存することもできないものの、iPhone や iPod touch では Music Beta がまともに使えるようになるうれしい知らせです。なお iPadでは画面が広いため、フル機能のデスクトップ版サイトもそこそこ快適に使えます。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: google, google music beta, GoogleMusicBeta, ios, iphone, ipod touch, IpodTouch, music, music beta, MusicBeta
0シェア
FacebookTwitter