Google、新プログラミング言語 " Dart " を来月発表、「構造化ウェブプログラミング」向け

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年09月9日, 午後 10:10 in dart
0シェア
FacebookTwitter


ドメイン名登録などからうわさになっていたGoogle " Dart " の正体が分かりました。ソフトウェア開発カンファレンス Goto; の告知ページによると、Googleは 10月10日のGoto; オープニング基調講演で、「構造化ウェブプログラミング」のための新たなプログラミング言語 Dart を発表します。演者は Google のエンジニア Lars Bak、Gilad Bracha 氏。

Googleの独自プログラミング言語といえば変なマスコットで知られる " Go " 言語が2009年に発表されていますが、Go は並列コンピューティング対応を強化したシステムプログラミング向けのコンパイル言語です。Dart については告知ページにはほとんど情報がなく、「for Structured Web Programming」とウェブプログラミング言語であることが示されているのみ。

発表者の経歴を見てみれば、Lark Bak 氏はバーチャルマシンの専門家としてSun で活躍し、2006年にGoogle 入りしてからはChromeのV8エンジンの設計と実装に携わってきた人物。Gilad Bracha 氏は SAP LabsでVPを務め、またSunで Javaの言語仕様を制定したひとりでもあります。またこの二人は、Smalltalk のバリエーションのひとつ Strongtalk にも関わっています。

新プログラミング言語といえば再習得するだけの利点はどこなのか、車輪の再発明ではないかというコメントがつきものですが、Googleがわざわざ外向きに発表する理由は両者の経歴から想像できそうです。基調講演はデンマーク Aarhs (オーフス) の Goto; カンファレンスで、初日10月10日月曜日の朝から始まる予定。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dart, gilad bracha, GiladBracha, google, language, lars bak, LarsBak, programming, programming language, ProgrammingLanguage, web programming, WebProgramming
0シェア
FacebookTwitter