Google Chrome ブラウザの安定版がバージョン 14 になりました。主な新機能は:
  • Native Client 対応。C や C++ のコードをブラウザ内で直接、安全に走らせる。ウェブアプリの性能をネイティブアプリに近づけるとともに、プラットフォーム間でのポータビリティを実現する。ただし、Chromeで当初サポートするのは Chrome Web Store で配布されるアプリのみ。今後「できるだけ早く」(Google) 制約をなくす予定。
  • Web Audio API。JSから高度なオーディオ操作を可能にするAPI。ミックスや反響シミュレーション(例:コンサートホールや狭いトンネル)、音源とリスナーの位置や遮蔽の再現など。
加えて Mac版では、OS X Lion の新ユーザーインターフェースに対応しました。Mac 版 Chrome は以前から全画面表示に対応していましたが、14は Lionの新機能「フルスクリーン」に対応。Lionの全画面対応アプリとして1枚の仮想スクリーンを占有することになり、左右の四本指スワイプで他の全画面アプリやデスクトップと楽に切り替えられます。

これにともない、ショートカットも2種類になりました。Shift+コマンド+Fの「プレゼンテーションモード」はタブバーやロケーションバーも消えてマウスオーバーで現れるモード、Ctrl+コマンド+Fの「全画面表示」はUI部品そのままで画面ぴったりに最大化するモード。またスクロールバーも、操作したときだけオーバーレイで現れる Lion や iOSスタイルを導入しています。アップデートはいつもの自動実行。しばらくブラウザを再起動していないときは手動でどうぞ。