Asus Eee Slate B121 は国内10月発売、12型Windows 7 タブレット

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年09月22日, 午後 12:08 in asus
0シェア
FacebookTwitter
Asusが日本国内向けに12インチ画面の Windows タブレット Eee Slate B121を発表しました。基本仕様は12.1型1280 x 800 FFS液晶ディスプレイ、静電容量式マルチタッチと電磁誘導式 EMRペン入力の両対応 (Wacom feel IT technologies採用)、Core i5-470UM プロセッサ、4GB RAM、64GB HDDなど。非力で長時間駆動のコンシューマー向けタブレットではなく、ビジネスノート級の中身をスレート型に収めた製品です。

OSはレガシーな業務システムでもXPモードで対応できるWindows 7 Professional SP1、セキュリティにはTCG v1.2準拠のTPMチップを内蔵。インターフェース類はUSB 2.0 x2、メディアカードリーダー、ウェブカメラ、ミニHDMI出力など。厚さは16mm、重量 約1.1kg。バッテリーは約3.8時間駆動 (JEITA 1.0で)。国内での発売は10月中旬、希望小売価格は法人向けらしい13万9800円。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asus, eee pc, eee slate, EeePc, EeeSlate, tablet, windows
0シェア
FacebookTwitter