ドコモが公衆無線 LAN サービスの無料キャンペーンを実施します。spモードや mopera U でオプションとして提供されている「公衆無線LANコース」の月額料金が、期間限定で315円から0円になるというかたち。キャンペーン期間は来月10月1日から2013年3月31日まで。来年ではなく再来年3月までです。無料になるのは、Mzoneの名前で展開されている空港、駅、カフェ、ファーストフードなど、全国3,200エリア、6,800アクセスポイント。アクセスポイントは今後2012年度上期を目処に3万か所、将来的には10万か所にまで拡大を目指す計画です。通信速度は送受信最大54Mbps。なお利用には spモード、mopera UなどのドコモISPサービスのほか、パケ・ホーダイ フラット / ダブル2、またはXiデータプランフラット / データプラン2、定額データプランフラット / スタンダード2の契約が必要です。

いまになって公衆無線 LAN が注目される背景には、スマートフォン人気拡大で増え続ける通信量を、なんとか逃そうという意図があります。公衆無線 LAN サービス無料化はすでにソフトバンク(ソフトバンクWi-Fiスポット)、KDDI(au Wi-Fi Spot)が規模の差はあれ実現済。インフラには自信を持つドコモも例外ではなくなったと言えるかもしれません。敢えて言えば、それでもなおとりあえず一年半の期間限定としたのがドコモらしいところでしょうか。