Kindle 従来モデルは Kindle Keyboard に改名、99ドルに値下げ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年09月29日, 午前 01:31 in amazon
0シェア
FacebookTwitter

本日開催されたアマゾンのプレスカンファレンスでは、本だけでなく映画やテレビ番組、カラー雑誌やAndroidアプリもいける7型IPS液晶タブレット Kindle Fire に加えて、E Ink 電子ペーパーの読書用 Kindle にもマルチタッチの Kindle Touch 、そして79ドルと安価な無印 Kindle (4代目) が登場し一気にラインナップが豪華になりました。

一方、QWERTYキーボードを備えた従来の Kindle (3代目)も、" Kindle Keyboard " と改名して現行 Kindle ファミリーに留まっています。さらに、新モデルの暴力的、もとい積極的な価格にあわせて Kindle Keyboard も WiFi 99ドルからに値下げされました。

Kindle Keyboard の仕様は6インチ800 x 600 E Ink Pearl ディスプレイ、無線なしで2か月バッテリー、4GB内蔵ストレージなど。要するに従来の3代目 Kindle です。従来どおり WiFi のみのモデルと WiFi + 3G モデルがあり、さらに " Special Offers & Sponsored Screensavers " の広告付きとなしで分かれるため、SKUは正確には4つに分かれます。価格はそれぞれ、
  • WiFi モデル 広告あり99ドル、広告なし139ドル。
  • WiFi+3G モデル広告あり139ドル、広告なし189ドル。
3G版にはこれまた従来と同様、契約やデータ通信プラン不要で使える3Gデータ通信が含まれます。スクリーンセーバーとメニューの下部バナーにしか Special Offers 広告は表示しない、なぜなら読書の邪魔をすると結局無視されるようになり価値が下がるから、云々のアマゾン哲学は過去の広告付き発表記事をどうぞ。新発表の機種は、コンテンツサービスがほぼ米国限定のためやむを得ない Kindle Fire だけでなくなぜか Kindle Touch まで US Only となっていますが、Kindle Keyboard はこれまでどおり米国外へも発送してくれます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, ebook, ereader, kindle, kindle keyboard, KindleKeyboard
0シェア
FacebookTwitter