東芝 レグザサーバー DBR-M190発表、6チャンネル15日分を全録画

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年10月3日, 午後 04:00 in blu-ray
0シェア
FacebookTwitter

東芝がタイムシフトマシン機能を備えたBlu-rayレコーダー「レグザサーバー」 DBR-M190 / DBR-M180 を発表しました。かつて CELL REGZA の目玉としてはじまったタイムシフトマシン機能は、HDDの専用領域に地上波6チャンネルの放送を録画し続けることで、容量の許す限り過去へ遡って番組を楽しめるというもの。DBR-M190 はタイムシフトマシン用に4TB、DBR-M180は2TB の HDD を確保しており、それぞれ15日ぶん、8日ぶんの遡り視聴が可能です。タイムシフトマシン機能が同社の Blu-ray レコーダーに搭載されたのははじめて。通常録画用の HDD は DBR-M190 が 1TB(あまり意味はありませんが合計で5TB)、DBR-M180は 500GB(合計は2.5TB)です。

当然ながら通常の録画機能も備えており、タイムシフトマシンとは別に地上波 / BS / CS の2番組を同時録画できる「W録」に対応。放送中の番組や録画番組を、家庭内ネットワークの REGZA テレビや REGZA タブレット、スマートフォンと共有できる「レグザリンク・シェア」も備えています。そのほか、テレビの REGZA でおなじみ高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO」搭載、YouTubeほかのネットサービス対応、USBハードディスクの8台登録 & 4台同時接続対応、あらかじめ設定した時間帯にリモコンの電源ボタンを押すと1秒で起動する「瞬速起動」など。発売は12月中旬です。

また、タイムシフトマシンを備えていない普通の Blu-ray レコーダー DBM-Z160 / DBM- Z150 もあわせて発表されています。HDD容量は 2TB と 1TB。上に挙げた機能のうち「W録」や「レグザリンク・シェア」、「瞬速起動」などにも対応しています。こちらの発売は11月上旬です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: blu-ray, ceatec, ceatec 2011, Ceatec2011, DBM-Z150, DBM-Z160, DBR-M180, DBR-M190, hdd recorder, HddRecorder, recorder, regza, regza blu-ray, regza server, RegzaBlu-ray, RegzaServer, toshiba
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents