新 iPod nano はインタフェース刷新、iPod touch には白バージョン追加

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年10月5日, 午前 02:50 in apple
0シェア
FacebookTwitter

iPhone 以外の話が続くアップル Let's talk iPhone イベントでは、これまで iPhone とは別のイベントで発表されてきた iPod ファミリーについても言及がありました。もっとも成熟の証か、現行ラインナップからの変更点はわずかです。

一番変わったのはiPod nano。マルチタッチディスプレイを使い、スワイプ操作を多用する新インタフェースになりました。またミッキーマウスをはじめとする16種類の時計デザインにより、ますます腕時計化にぴったりという感じ、フィットネスアプリも組込まれています。一方のiPod touch にはホワイトモデルが追加。iOS 5 を搭載し、 iCloud も利用できますが、「960 x 720ピクセル」背面カメラなどは変わっていません。廃番の噂もあった iPod shuffle は継続。

shuffleの2GB、nanoの 8 / 16GB、touchの 8 / 32 / 64 GBという容量別モデル構成はまったく変わらず。価格も米国ではほとんど変わらないのですが、日本では円高のおかげでまた多少の値下げがありました。iPod shuffleは4200円(2GB)。iPod nano は 1万800円(8GB)、1万2800円(16GB)。iPod touch は 1万6800円(8GB)、2万4800円(32GB)、3万3800円(64GB)。

アップルオンラインストアではiPod touchのホワイト以外在庫あり。touch ホワイトは「10月12日までに出荷」です。ちなみに、先行きが危ぶまれたiPod classicも今のところ元気に販売されています。むしろ値下げがあって、新価格は2万900円。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, ipod, ipod nano, ipod shuffle, ipod touch, IpodNano, IpodShuffle, IpodTouch, lets talk iphone, LetsTalkIphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents