サムスン Galaxy Prime (仮)は4.6型1280 x 720 有機EL、Android 4.0 採用で10月11日発表?

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年10月7日, 午前 11:21 in android
0シェア

サムスンが11日のUnpackedイベントで発表するとみられている " Galaxy Nexus "(仮)、または " Nexus Prime " (仮)について。直前のリーク情報と称するものがいくつか出回りはじめています。公式に含まれていたのは、何やら曲面を備えたデバイスのうえに「Something BIG is coming」そして「Google Samsung」のロゴ。Googleは携帯電話向けのGingerbread と タブレット向けのHoneycombを統合した次期Androidプラットフォーム Ice Cream Sandwich (ICS)のリリースをこの秋に予定しており、新プラットフォームと同時に登場するGoogle端末はNexus S に続いてサムスン製になると予測されてきました。

まず、早耳情報の多い BGR では、信頼できるソースからの情報として:
  • 4.65インチ 1280 x 720 スーパー有機EL HD ディスプレイ、曲面ガラスパネル
  • TI OMAP 4460 プロセッサ (1.2GHz デュアルコア)、1GB RAM
  • 32GB内蔵ストレージ
  • 背面5MPカメラ、全面1.3MPカメラ
  • 1080p 動画撮影対応
  • LTE / HSPA 対応
  • 802.11a/b/g/n 対応
  • NFC
  • 1750mAhバッテリー
といった仕様を掲載しています。プラットフォームはもちろんICS、また Nexus S のように、サードパーティーによる独自のUIや追加仕様のない " Pure Google Experience " 端末。

しかし一方 GSM Arena では、上記の情報が出回った直後に、匿名のGoogle従業員から正しい情報を得たと主張しています。そちらによると、プロセッサはTI ではなくサムスン内製のデュアルコア Exynos 1.5GHz (Exynos 4212 ?)、グラフィックはSGX543MP2 (iPad 2 のApple A5 と、そしておそらくiPhone 4Sと同等)。背面カメラは5MPではなく8MP、またバッテリーは大容量の2050mAhなど。さらに、ネットワークは LTE に対応するだけでなく、iPhone 4Sとおなじ GSM / CDMA (または W-CDMA / CDMA2000) 両対応になるともされています。

いずれにせよ、4.65インチ1280 x 720 スーパー有機EL HD ディスプレイはサムスンがすでに発表した Galaxy S II HD LTE と同等。現行の Nexus S が Galaxy S の数多い兄弟機のひとつだったように、次のNexus もサムスン製フラッグシップに近い仕様を備えることは期待できそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, android 4.0, Android4.0, exynos, galaxy nexus, galaxy prime, galaxy s, galaxy s ii, GalaxyNexus, GalaxyPrime, GalaxyS, GalaxySIi, google, ice cream sandwich, IceCreamSandwich, nexus s, NexusS, rumor, samsung
0シェア

Sponsored Contents