KDDI が iPhone 4S の取り扱い詳細を発表しました。まずは端末価格。2年契約の「毎月割」により、割引適用後の価格で16GBが実質0円、32GBモデルが実質1万320円、64GBモデルが実質2万640円になります。利用できる料金プランは従来と同じですが、先日発表されたばかりの au 版ホワイトプランこと「プランZシンプル」が見事に機能しそう。プランZシンプルは月額980円、午前1時から午後9時まで au 同士の国内通話料無料。au宛のSMS送信料も無料。KDDIにしてみれば、ようやく「オレンジプラン」の意趣返しをする日が来た、という感じかもしれません。

また、これまでソフトバンクが進めてきたように、KDDIもiPhone優遇のキャンペーンを実施します。ふたつあって、ひとつはパケット定額プラン「ISフラット」の月額料金が通常の5460円から4980円に最大で24か月引き下げされること。ソフトバンクの「パケットし放題」ほど安くないのは、自信のあらわれでしょうか。発売日から来年1月31日までの申し込み分限定です。

もうひとつのキャンペーンは、MNPで他社からiPhone 4Sに乗り換えたとき、1万円のキャッシュバックが行われること。新規で、かつ上記のISフラットキャンペーンへの申し込みが必要です。こちらも来年1月31日まで。iPhone 4Sのセールスはある程度約束されたようなものですが、控え目に言っても冷遇される同社のAndroidスマートフォンが売上を落とすのは必至です。

予約受付は7日16時から。発売日は他国や他社に遅れることなく、10月14日です。