CEATEC 2011 ではようやく出揃ったタブレット端末を各社がアピールするなか、ソニーでは Sony Tablet に実装予定の新機能であるBDレコーダ内番組の再生を参考展示しています。「ソニーのさまざまな機器とつながる連携機能を売りにしつつ、中身は「タブレットがリモコンになります」や「ウェブアプリを介して外部から録画予約ができます」程度で肝心のTV視聴・録画番組消化ができないのは考えてみれば滑稽な話ですが、これは日本の地デジが採用するDRM形式 DTCP-IP への対応が必要なため。

暗号化や耐タンパ性の基準をさまざまなレベルで満たす必要があることから比較的実装に手間がかかり、ソニータブレットSでは現在対応していない機能です(プロテクトのないメディアなら、DLNAでタブレットからテレビに" Throw " して大画面に写す etcは可能)。CEATEC で参考展示されていたのはこのDTCP-IP対応のデモ。レコーダ内の録画番組を家庭内ネットワーク経由でタブレット視聴する、同様にライブ放送中の番組をレコーダで一旦トランスコードして視聴することができるようになります。

ソニーによれば、タブレットのDTCP-IP対応は来年春以降のアップデートで提供される見込み。転送画質はネットワークの品質やタブレットのTegra 2 の能力などさまざまな要素が絡んでくるため現在のところ未確定とのこと。また家庭内でのストリーミング視聴ではなくコピーして持ち出す「おでかけ転送」はまだ予定に含まれておらず、検討中の段階です。