ドコモからGALAXY Tab 7.0 Plus 発表、12月発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年10月18日, 午後 03:02 in docomo
0シェア
FacebookTwitter

ドコモが2011-2012冬春モデル 24機種を一挙に発表しました。ドコモ内分類は先進スマートフォンの「NEXT series」が7機種 (うち LTE / Xi 対応モデル4)、親しみやすいスマートフォン 「with series」が8機種でスマートフォン計15機種、タブレット1機種。iモード ケータイは従来の4シリーズから 「docomo STYLE series」ひとつにまとまって8機種、および分類外の「フォトパネル 04」。

唯一のドコモタブレット端末としては、サムスンが先月末に発表した GALAXY Tab 7.0 Plus が docomo SC-02Dとしてラインナップされています。7.0 Plus は先代の無印 Galaxy Tab 後継機にあたる7型タブレット端末。プロセッサはデュアルコアへ、プラットフォームは Android 3.2へと進化を遂げています。

そのほか主な仕様は7インチ 600 x 1024 液晶、サムスン S5PC210 プロセッサ(1.2GHzデュアルコア)、1GB RAM、16GB ストレージ、microSDHCスロット。カメラは背面約310万画素、前面約190万画素。無線はHSDPA 14M / HSUPA 5.7M、GSM。WiFi が802.11a/b/g/n 。5GHz帯やデュアルチャネル転送、Wi-Fi Direct にも対応するなどさりげなく先進的なWiFi機能です。Bluetooth 3.0にも対応。

サイズは約194 x 122 x 10mm、重さは初代よりやや軽くなった345g。ドコモからは12月発売です。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: docomo, galaxy tab, galaxy tab 7.0 plus, GalaxyTab, GalaxyTab7.0Plus, samsung
0シェア
FacebookTwitter