Linux カーネル 3.1 リリース。電源管理の強化やNFC対応、Wiiリモコン対応など

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年10月25日, 午前 09:00 in linux
0シェア
FacebookTwitter
Linux kernel 3.1

Linux カーネルのバージョン 3.1 がリリースされました。今年7月にリリースされたバージョン 3.0 に続くもので、15年に及んだバージョン 2.X の歴史に別れを告げてからも、Linus の言うとおりこれまでと変わりなく淡々と開発が続いていることが読み取れます。3.1の変更点はオープンソース CPU の OpenRISC サポート、新ツール cpupowerutils によるパワーマネジメント強化など。NFCのサポートや、Wiiリモコンドライバの追加といったお楽しみ要素もあります。Softpedia によれば Ivy Bridge での動作改善や、Cedar Trail のサポートなども施されているとのこと。各ディストリビューションでの対応が待てない方、ディストリビューションってなにという方は、リンク先のGitリポジトリからどうぞ。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: linux, linux 3.1, Linux3.1
0シェア
FacebookTwitter