iPad 2 をダイヤ・金・恐竜化石で飾ったGold History Edition、6億3000万円

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月1日, 午後 02:00 in ammolite
0シェア
FacebookTwitter


富裕層向け、と書くと富裕層に怒られそうなデコガジェットのアーティスト Stuart Hughes が、宝石や貴金属で飾った iPad 2 の新作 " Gold History Edition " を発表しました。今回の趣向はヒストリーの名のとおり、化石や生物由来の宝石をふんだんに用いたこと。説明いわく、画面周りは虹色の光沢を持つ約7000万年前のアンモナイト化石鉱物 アンモライトをベースに、約6500万年前の恐竜 ティラノサウルス・レックスの大腿骨の化石を薄片にして埋め込んだもの。

さらにホームボタンはひとつ8.5カラットのダイヤモンドを中心にプラチナで、背面のアップルロゴもフローレス・ダイヤモンドを敷き詰めてあり、だめ押しに背面は金のプレートという、なんともアレな構成です。解説によれば世界で二つだけが制作され、価格は500万ポンド、現行レートで約6億3000万円ほど。なお少量のダイヤモンドと iPad 2本体 (本来のアルミボディなら約600g) を除いた重量は、アンモライトが750g、T-REXのホネが57g、24ct ゴールドが2キログラム。軽ければ買っていたのに残念です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ammolite, decoration, dinosaurs, ipad, ipad 2, Ipad2, luxury, stuart hughes, StuartHughes, t-rex, tyranosaurus rex, TyranosaurusRex, weird
0シェア
FacebookTwitter