LUMIX GX1 国内発表、ボディ単体は約7万円

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年11月8日, 午後 06:45 in dmx-gx1
0シェア
FacebookTwitter

マイクロフォーサーズの盟友はたいへんなことになっていますが、それはそれとしてパナソニックが LUMIX GX1(DMX-GX1)を日本でも発表しました。いつもの「○○一眼」キャッチフレーズが「プレミアム・ミラーレス一眼」となっていることからも分かるとおり、「撮影意欲と所有欲を満足させる」上位モデルという位置付けです。

1600万画素 Live MOSセンサー、ヴィーナスエンジン、ISO12800対応、0.09秒AF、AVCHD / MP4 対応フルタイムAF・フルHD動画撮影機能、ポップアップフラッシュ、水準器、復活したモードダイヤル、オプションにライブビューファインダー......といった主たる仕様はすでにお伝えしてきたとおり。UHS-IモードのSDXC / SDHC カードに対応することで、連写コマ数が向上しています。大きさは116.3 x 67.8 x 39.4mm、重さはバッテリー込みで318g。

カラーはエスプリブラックとブレードシルバー。発売日は11月25日。量販店価格はボディ単体は7万円くらい、14mm F2.5パンケーキレンズと14-42mm F3.5-5.6ズームレンズがセットになったダブルレンズキットが9万5000円くらい、電動ズーム対応の 14-42mm F3.5-5.6 Xレンズがセットになった電動ズームレンズキットが同じく9万5000円くらい。35mm換算だとパンケーキが28mm、ズームレンズが28-84mm。パンケーキレンズか電動ズームか、マイクロフォーサーズデビューの方には悩ましい選択になりそうです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: dmx-gx1, gx1, lumix, lumix gx1, LumixGx1, micro four thirds, MicroFourThirds, panasonic
0シェア
FacebookTwitter