NVIDIA Tegra 3 正式発表、世界初のモバイル4コア+ 省電力1コアプロセッサ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月9日, 午後 06:33 in android
0シェア
FacebookTwitter

NVIDIA が モバイルプロセッサ Tegra 3 を正式に発表しました。Kal-El の開発名で公開されてきた概要をおさらいすれば、4CPUコアと新GPUで現行 Tegra 2 の総合5倍高速でありつつ、低負荷時には低消費電力に特化した「コンパニオンコア」のシングルコア動作に切り替える vSMP (Variable Symmetrical Multi Processing) により、あらゆる状況で Tegra 2 より低い消費電力を実現するとうたうプロセッサです。

4+1個のCPUコア以外でも、Tegra 2 比最大3倍高速な12コア 新GPU、1080p H.264 High Profile @ 40Mbps も再生可能なデコーダ、HDMI 1.4で3D出力対応、最大2倍高速なイメージシグナルプロセッサ(ISP)、最大3倍高速なメモリ帯域 (DDR3L01500, LPDDR2-1066対応)、2倍から6倍高速なストレージアクセス (eMMC 4.41, SD3.0, SATA-II対応)など、さまざまな点が強化されています。

また NVIDIA は、Tegra 3 と他社製モバイルプロセッサを比較したベンチマークも公開しています。Qualcom Snapdragon 8660 や TI OMAP 4330、サムスン Exynos 4210、Apple A5 などと比較した結果は、たとえばJavaScript ベンチの Google V8 や SunSpider で最大4倍高速、動画トランスコードで最大2倍高速など (競合中もっとも低かったものとの比較)。

Tegra 3 を採用した製品は 12月の Asus Eee Pad Transformer Prime を皮切りにまずはAndroidタブレットが、続いてスマートフォンが登場する予定です。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, Kal-El, nvidia, tegra 3, Tegra3
0シェア
FacebookTwitter