Xbox.com 刷新、Xbox LIVE の 新機能 " Beacon " を先取り実装

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月10日, 午前 07:08 in beacon
0シェア

マイクロソフトが Xbox.com の一部リニューアルを予告しました。変更されるのはXbox LIVEのウェブ版インターフェースこと My Xbox の部分。従来からゲーム履歴の参照やフレンドのステータス確認、メッセージの送受信といったソーシャル系の機能を持つセクションです。リニューアル後は名称がそのまま「Social」になり、全般的な使い勝手の向上に加え、新機能 " Beacons " が Xbox 360 本体に先駆けて実装されます。

" Beacons "は今年6月の E3 2011 で発表された Xbox LIVE の新機能。要は「この指とまれ」を自動処理するもので、遊びたいゲームに対して「ビーコン」を設定しておくことにより、フレンドリスト内の誰かがそのゲームを遊びはじめたとき、あるいはビーコンを発信したときに通知で知らせてくれる機能です。ビーコンは一度に三つまで設定でき、任意でテキストも追加可能。 (たとえば「ボイスチャットありでチーム戦」なり「希少アイテムがでるまで周回」etc)。

初代 Xbox の時代からソーシャルなゲーム体験のサポートを眼目としてきた Xbox LIVE は、フレンドが今なにを遊んでいるかの確認、ステータスメッセージの設定、ゲームへの招待メッセージ送信といった機能を従来から備えてきました。新たに加わった Beacon により、たとえばA「誰か一緒に遊ぶ人が来たら協力プレイをしたいけどそれまでは一人用ゲームで遊ぶ」> B「協力プレイしたいけど一人用ゲームをプレイ中みたいだから別のを遊ぼう」といったすれ違いも解消できます。

従来も相手が読んでくれる・書いてくれることを期待してステータスメッセージやTwitterを使ったり、あるいは個別に直接メッセージを送って打ち合わせることは可能でしたが、Beacon はこれから遊びたいゲームのマッチングをシステムとして自動化して通知を送ることがポイントです。ただしXbox.com では Xbox 360本体に先だって実装するため、本体で遊んでいて通知が届くのはアップデート後。Windows Phone を使っていれば携帯にビーコンの通知が届きます。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: beacon, microsoft, xbox, xbox 360, xbox live, Xbox360, XboxLive
0シェア

Sponsored Contents