iOS 5.0.1 提供開始、iTunes 不要で単体アップデートできます

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月11日, 午前 04:20 in apple
0シェア
FacebookTwitter

アップルが iOS 5.0.1 アップデートの提供を開始しました。5.0.1 はバージョンナンバーが示すようにバグ修正版。今月初めの開発者ベータの時点でお伝えしたとおり、
  • バッテリー駆動時間が短くなるバグを修正
  • 初代 iPad にもマルチタスキングジェスチャーを追加
  • Documents in the Cloud のバグを修正
  • オーストラリア英語の認識を改善
する内容です。それにしても、発売以来のお約束でもはや慣れているとはいえ、0.0.1 程度のバグ修正のたびにいちいち同期相手のPCに有線で接続し、600~700MBものダウンロードを強いら......


つわぁぁぁああああ!

というわけで、" PC Free " を実現した iOS 5 ではデバイス単体でソフトウェアアップデートやアクティベーション、セットアップが可能です。WiFi 経由でインターネットに接続していれば、設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートから直接アップデートできます。(※ 他プラットフォームの情報が不要なかたはここから少し耳を塞いでください。まるでAndroidのように便利になりました。とはいえAndroidはAndroidでOTAができない場合もあり、そもそもアップデートが来なかったりする苦労もあります。)

ダウンロードサイズはデバイスにより 約40 ~ 45MB程度の差分のみ。

追記:バッテリー残量が50%以上か、電源に接続していることも条件。大容量バッテリーを誇る iPad は、普段の感覚なら 30~40%も残っていればまだまだ充電を気にする必要はありませんが、ソフトウェアアップデートでは一律50%で判定されるらしく電源につながないとアップデートさせてくれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, ios 5, Ios5, ipad, iphone, ipod touch, IpodTouch
0シェア
FacebookTwitter