UQ WiMAX が上り15.4Mbpsに高速化、アップリンクでも64QAMを導入

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月14日, 午後 03:10 in uq wimax
0シェア
FacebookTwitter

UQコミュニケーションズが、12月中に UQ WiMAX の上り最大速度を15.5Mbpsに高速化することを発表しました。電波環境が良い場合の上り変調方式に64QAM を導入することにより、従来の10Mbps (16QAM) より約50%高速にデータを転送できるようになります。

UQ WiMAX では、電波環境に応じてQPSK (安定、低速) ~ 16QAM ~ 64QAM (高速) の変調方式を自動的に使い分ける仕組みを採用しています。速度はQPSKを1とすると16QAMが2、64QAMが3。従来は下り方向が64QAMまで、上り方向には電波状況が良くても16QAMまでが使われていましたが、12月からは新たに上りにも64QAMを導入します。

これまで上りも下りも遅くて困っていた場所で速くなることは期待できないものの、十分に速かった場所ではさらに高速化する変更です。新方式に対応する機器は現時点で未定。後日あらためて一覧が発表される予定です。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: uq wimax, UqWimax, wimax
0シェア
FacebookTwitter