シャープGALAPAGOS にWiMAX内蔵 7型モデル、テザリング対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月16日, 午後 01:39 in android
0シェア
FacebookTwitter


シャープがメディアタブレット GALAPAGOS の新モデルを発表しました。型番は EB-A71GJ-B。イー・アクセスが8月に発売した GALAPAGOS A01SH と同一仕様の7型モデルにWiMAX 通信機能を内蔵し、テザリングにも対応します。主な仕様は 7インチ1024 x 600 液晶ディスプレイ、Tegra 2 プロセッサ、1GB RAM、8GB内蔵フラッシュ、microSDHCスロット。背面に5MPカメラ (AF、LEDライト)、前面2MPカメラ。無線は WiMAX に加えて 802.11b/g/n WiFi、Bluetooth v2.1+EDR。ほかGPS 、コンパス、加速度センサー、ジャイロなど。

本体サイズはA01SHとおなじ195 x 122 x 11.9 - 12.6mm ですが、本体重量は7gほど重くなって約396g。静止画表示で7.5時間、動画約6時間、サスペンド約10日のバッテリーは変わりません。ソフトウェアはAndroid 3.2。売りのテザリング機能は同時に7台までのWiFi 機器を接続できます。また電子書籍ストアの GALAPAGOS STORE アプリをプリインストールし、新聞・雑誌コンテンツの自動配信にも対応。

そのほか GALAPAGOS App for Tablet として、辞書アプリに明鏡国語辞典MX、ジーニアス英和MX、ジーニアス和英MX、日本語フォントに秀英横太明朝、秀英角ゴシック、LC明朝、LCゴシックを搭載します。本体色はブラック系の1種のみ、価格はオープン、発売は12月9日。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android 3.2, Android3.2, galapagos, honeycomb, sharp
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents