写真の罰ゲーム的なかぶり物はいわゆるテスラコイル、DRSSTC (二重共振半導体テスラコイル)を帽子に載せて無理やりウェアラブル(?)にした作品 " Hat Coil " 。MITの学生 Tyler Christensen 氏がハロウィンの衣装用に製作したもの。続きに掲載した動画では、コイルから放電しつつブリブリと演奏するシュールなデモが見られます。無経験でいきなり作ってみることはお薦めできないものの、リンク先の作者ページでは回路図ほかの解説あり。ケルトに起源を持ち後にキリスト教化したハロウィン、All Hallow's Eve といえば物の怪や魔女のたぐいが万聖節を前に最後の自由を謳歌する夜とされていますが、薄暗がりで頭から電撃を放ちつつモータルコンバットのテーマを演奏するMIT学生に遭遇してしまう魔物も可哀想です。