動画:液晶モニタとメガネで覗き見防止ディスプレイを自作

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年11月28日, 午前 09:00 in hack
0シェア
FacebookTwitter

PC画面の覗き見防止といえば視野角を狭くするフィルムが市販されていますが、既存の液晶モニタを改造してさらに強力なプライバシー保護ディスプレイにするハックが Instructables で公開されました。横から見にくいどころか、対応するメガネをかけた使用者以外には画面が真っ白にしか見えません。実際の様子はカメラの前にメガネをかざして撮った続きの動画をどうぞ。

作り方は「液晶モニタから偏光フィルタを外して、メガネに貼る」だけ。液晶ディスプレイパネルは偏光フィルタで特定の偏光成分を持つ光だけを通すことで表示を実現しているため、前面の偏光フィルタがなくなると本来は通らなかった光まで出て行く(白く見える) ことになります。このハックは前面の偏光フィルタを画面側からメガネ側に移し、メガネ込みでディスプレイとして完成させるようなもの。原理的には、方向の合った偏光サングラスをかけている人にも見えます。

ただし言うは易しで、フィルタを分離するには液晶モニタをバラしてフレームを外し切りとる作業が必要です。また偏光フィルタやその上の反射防止フィルムが接着されている場合 (最近はだいたいくっついている)、うまく剥がした後に溶剤を使って接着剤をきれいに取り除くことも必要。

メガネ側には外した偏光フィルタを切りとって向きを間違えないように貼る「だけ」。しかしこちらも、角度が傾いたりずれたりしてはまずいため、使い捨て3Dメガネの枠部分などなるべく平らなものを使い、フレームの形をスキャンしてからCNCなどで正確に切りとることが推奨されています。(あるいは元のレンズを偏光フィルタの上にテープで留めて、ナイフで正確に切りとる etc)。

製作は原理ほど簡単ではないものの、壊してしまってもいい古い液晶モニタで実験するには面白そうなハックです。普段使っているノートPCで試す度胸のある方は、まず同系統製品のジャンクを見つけてテストをお薦めします。ディスプレイの加工に自信がないかたはこちらをどうぞ
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: hack, instructables, mod
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents