バッファローコクヨサプライが WiFi マウス BSMLW15D シリーズを発表しました。WiFi を利用して PC とワイヤレス接続できる WiFi マウスは、最近新作が発表された HP の製品が有名ですが、こちらは日本初をアピールしています。対応規格は 802.11a/g で、通信可能距離は最大10m。対応PCであれば、ドングルやBluetooth接続が不要になるのが強みです。

マウス自体の仕様としてはレーザー式、進む&戻るのついた5ボタン、横スクロール機能つき、といった構成。分解能は 1200dpi / 1600dpi となっています。電源は単4x2。連続動作時間は160時間で、1日8時間 PC を利用し、そのうち 25% をマウス操作に費やした場合は135日利用できると説明しています。大きさは 58 x 95 x 37 mm、重さは電池抜きで 63g。利用には Windows 7(64 / 32 bit)、それからもちろんWiFi対応 PC が必要です。発売は12月上旬の予定。ブラック、シルバー、ホワイトの3色があり、価格は5080円です。