Acer、4コア Androidタブレットの来年発売を認める。第二世代 Windows タブレットも投入

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年12月2日, 午前 05:55 in acer
0シェア
FacebookTwitter

Asus の Eee Pad Transformer Prime が一番乗りを果たした NVIDIA Tegra 3 採用製品について。4コアタブレットを開発中とうわさされる Acer が、2012年の投入計画を認めました。Acer の翁建仁 (Jim Wong) 総経理がリンク先 T3 に語ったのは「エイサーがクアッドコアタブレットを投入するというリーク記事を目にしたことがあるだろう。そうした記事はたしかに真実だ」。

この「そうした記事」が指しているとおぼしき流出情報はこれまでいくつかありました。たとえば 台湾 DigiTimes は匿名ソースの証言として、「来年Q1、Android 4.0 ICS、Tegra 3、459ドルから599ドル」といったうわさを伝えています。また Acer のサイトで確認できる UAProfile ファイルからは、Tegra 3 搭載で画面解像度 1920 x 1200 という未確認機種 A700 / A701や、同じく Tegra 3 で 1280 x 800 解像度の A510 / A511 といった型番が発見されています。

しかし翁建仁 氏が語ったのは、タブレット分野に引き続き積極的に取り組むこと、2012年に4コア Androidタブレットを発売すること、また「Windows 7 タブレットを多く出荷している唯一の企業」として、Androidと並んで第二世代のWindowsタブレットも投入するといった点のみ。4コア製品の詳細は明らかにしていません。新 Iconia Tab待ちの方々には年内の電撃発表&出荷こそなくなりましたが、おそらく来年1月のCES 2012あたりでは正式な発表がありそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: acer, android, android 4.0, Android4.0, ice cream sandwich, IceCreamSandwich, iconia tab, IconiaTab, jim wong, JimWong, tegra 3, Tegra3, Transformer Prime, TransformerPrime
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents