Xbox 360 の本体アップデートは「やや延期」、日本時間7日朝以降に改めて時期を告知

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年12月7日, 午前 01:28 in larry hryb
0シェア
FacebookTwitter

米国時間で6日に提供予定のXbox 360 本体アップデートを正座して待ち続ける皆さまにやや残念なお知らせです。Xbox LIVE の顔こと Major Nelson (Larry Hryb) 氏によれば、アップデートの提供は「やや」延期となり、新たな実施時期などは確認できしだい告知するとのこと。Hryb氏のツイートがあったのは米国時間で6日の午前中~朝、日本時間で7日午前0時前後。

「やや」(" slightly ") が具体的にどの程度なのか、時間なのか日なのか週なのかはまだ不明。Xbox 360本体の電源を抜いたり点けたり、LIVEにつないだり切ったりを繰り返しつつ今か今かと待っていた方は、続報があるまでひと休みできそうです。ダッシュボードの Kinect対応新 UI や Beacon 追加・Facebook 統合、クラウドセーブなどを追加する今回のアップデート内容については以前の記事を参照してください。

追記:新たな提供時期については米国太平洋時間で6日の午後以降、日本時間では7日朝以降に告知 (Major Nelson)。

追記2: すべての地域でアップデートの提供が始まりました

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: larry hryb, LarryHryb, major nelson, MajorNelson, xbox 360, Xbox360
0シェア
FacebookTwitter