バイドゥが Android アプリ Simeji の事業を取得

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年12月13日, 午後 09:00 in android
0シェア
FacebookTwitter

バイドゥが、Android 向け日本語入力システム Simeji の事業取得を発表しました。Simeji といえば、ただ無料で人気の日本語入力システムというだけでなく、まだまだ Android が充実していなかったころから積極的なバージョンアップを繰り返していた、Android アプリの代表的存在です。他方、バイドゥは検索サービスを中心に提供していますが、最近は PC 向けの日本語入力システム Baidu IME(旧 Baidu Type)も開発しています。というわけで、Simejiの事業取得により、バイドゥは「Baidu IME日本語入力システムの製品企画、開発、事業企画およびマーケティングの一元化を進め、ユーザーにとって一層利便性の高いサービスを提供」する計画とのこと。

Simeji は開発者の足立昌彦氏とデザイナーの矢野りん氏によって制作されてきましたが、今回の事業取得により、お二人はバイドゥへ入社し、引き続き Simeji の企画・開発に携わる予定です。ちなみに TechCrunch によれば、事業買収額は数億円とのこと。事業化されてない個人開発のアプリが開発者ごと買収されるという、なかなか稀有な事例と言えます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, baidu, ime, simeji
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents