Google Chromeブラウザの安定版が順調にバージョン16を迎えました。今回の主な新機能はマルチユーザーログイン。個人設定から「新しいユーザーを追加」することで、複数のユーザーで「Chromeにログイン」機能を使い分けられるようになりました。

「Chrome にログイン」(Sign in to Chrome) は、Googleアカウントでブラウザにログインすることで、ブックマークやアドレスバー履歴、追加したアプリ、拡張機能、テーマ、さらにパスワードなどをクラウドにバックアップする機能。同じアカウントでログインすれば、別マシンのChromeでもおなじ環境が使える仕組みです。

バージョン 16から新たに追加されたマルチユーザー機能を使えば、たとえば他人が使っている Chromeでも「新しいユーザーを追加」してログインすることで、既存の環境を壊すことなく自分のいつものブラウザがどこでも使えます。ただしこのマルチユーザ機能は簡便な切り替えを支援するためのもので、同一マシン上の複数アカウント間でセキュリティを守る目的ではないことに注意。

なお Chrome にログイン機能ではアプリやパスワードなど種別ごとにクラウド同期するか否かを選択することができ、またパスワードのみを暗号化するか全体暗号化か、暗号化のパスフレーズに Googleアカウントのパスワードを使うか任意指定するかなど、細かな設定が可能です。続きは Sign in to Chrome機能のものすごくシンプルな紹介動画。Chromeブラウザのアップデートは、ネットにつながっていればアプリを再起動するだけで勝手に完了します。