Pogoplug に接続ストレージオプションを拡大した新モデル Pogoplug Series 4 が加わりました。Pogoplug はHDDやUSBメモリなどをインターネットからアクセス可能にする「パーソナルクラウドストレージデバイス」。自前のストレージ機器を接続すれば、家庭内LANからは通常のNASに見え、インターネットからはウェブやモバイルアプリでアクセスできるクラウドストレージになる製品です。

シリーズの新フラッグシップとなる Series 4 では、従来のUSB 2.0 とSDスロットに加えて、新たにUSB3.0 x2 と SATA / USM ポートが追加されました。(USM は SATA Universal Storage Module。家電などにSATAストレージを接続するパワード接続規格)。LAN側は従来とおなじギガビットイーサネット端子。

従来の Pogoplugはデバイスを買えば無料でインターネット側からのアクセスやアプリ群が使えましたが、先月からはハードウェアを買わなくても使える 5GBのクラウドストレージサービス Pogoplug Cloud を開始しています。「誰でも無料で5GB使えます」のサービスを糸口に、足りなければ / 使い勝手が気に入ったら Pogoplug デバイスを買って自前のストレージを追加して容量を自由に増やせます、という仕組みです。Pogoplug Series 4 は米国ではすでに99.95ドルで販売中。