次の製品がさらにいい製品になるのは、みんな知っていることです。しかし Google 会長が言えば、また違った意味になります。Google のエリック・シュミット会長は、伊 Corriere della Sera 紙のインタビューに答え、半年以内に「最高品質のタブレット」を販売する計画を明らかにしました。これによりアップルとのあいだに「容赦のない争い」が生まれるとのこと。「それが資本主義だ」と結んでいます。

Google / Android のタブレット戦略を振り返れば、同社はスマートフォン向けの "Gingerbread" とタブレット向けの "Honeycomb" を融合させた Android 4.0 "Ice Cream Sandwich" を発表し、スマートフォン Galaxy Nexus に搭載してみせたものの、これぞ ICS というタブレットは(ないわけではありませんが)まだ大々的に発表できずにいます。アップルがきっと iPad 3 を計画していることを考えれば、Android からもそろそろ「これぞ」と言うタブレットが見たいところ。そういえば Xoom を開発したモトローラは今や Google 傘下ですし、もしかすると Nexus シリーズ初のタブレット誕生もあるかもしれません。

ところでシュミット会長といえば、Google TV の復活や、Android が iOS 以上に開発者を惹きつける存在になることについても「来年の夏まで」に実現すると宣言したばかり。有言実行のためには、来年の Google はますます忙しくなりそうです。