米ソニーが Tablet S を100ドル値下げ、RIM の PlayBook は半額以下に

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2012年01月3日, 午後 02:45 in playbook
0シェア
FacebookTwitter

新しい年、新しい価格。というわけで米ソニーが公式ストアにおいて Sony Tablet S の価格を100ドル値下げしています。新価格は16GBモデルが399.99ドル、32GBモデルが499.99ドル。同社は12月から期間限定で50ドルの値下げセールを実施していましたが、セール終了後に待っていたのはさらなる値下げ攻勢だったということに。まあ、一応今回の価格も期間限定ということになっています。ともあれ、399.99ドルとなれば、円高の今だと3万円ちょっとです。ただし国内ソニーストア価格は今のところ4万4800円 / 5万2800円で変わっていません。ちなみに二つ折りの Sony Tablet P は、米国では依然として未発売。

一方、不振の RIM もその一因として挙げられることの多いタブレット PlayBook について大幅な値下げを断行しています。公式ストアによると、値下げは2月4日までの限定で、新価格は 16GB / 32GB / 64GB の各モデルとも299ドル。従来499ドルだった16GBモデルから考えてもビッグセールですが、699ドルだった64GBモデルと比較すると一気に半額以下です。そもそも 16GB と 64GB で価格が変わらないあたり、在庫一掃と言っても良さそう。最後には99ドルで投げ売られた HP の TouchPad を見るようです。この一年ほどでタブレット市場が急拡大したことは間違いありませんが、だからといって誰もが成功しているわけではないと改めて感じる今日このごろです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: playbook, rim, sony, sony tablet, sony tablet s, SonyTablet, SonyTabletS
0シェア
FacebookTwitter