端末ごとに異なる独自のルック & フィールを備えるというのは、iPhoneWindows Phone にはない Android ならではの魅力でもあり、時に「分断」と揶揄される欠点でもあります。Google はこの問題に対し、共通テーマ "Holo" による対処を試みています。"Holo" は Android マーケットを備えた Android 4.0 "Ice Cream Sandwich" 以降の端末であれば標準で搭載するもので、アプリ開発者がテーマとして選択することで実装できます。一方で Google いわく、端末別テーマの開発に制限を加える意図はないということで、アプリ開発者が望むのであれば、従来型の端末テーマも引き続き実装が可能。それでもまあ、端末ごとに見た目が変わってしまうよりは、アプリ開発者は共通テーマを選ぶだろう、という魂胆はあるかもしれません。