Asus、ARMベースのWindows 8 タブレットを年内発売。3G版 Prime や高解像度10型タブレットも

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年01月8日, 午前 01:25 in asus
0シェア
FacebookTwitter

CES 2012 を直前に控えて、ASUSが2012年のタブレット製品ラインナップを明らかにしました。台北のプレスイベントでEee Systems 部門担当バイスプレジデント Samson Hu 氏が語ったのは、4コアAndroidタブレット Eee Pad Transformer Prime の3G対応版、7インチのEee Pad 、10インチの高解像度タブレット、さらにARMプロセッサを採用したWindows 8 タブレットについて。

まず、ARM版のWindows 8 を搭載するタブレットは2012年内に登場予定。リンク先 NetbookNews によると、ハードウェア的にはAndroidタブレット Transformer Prime とはまた別の新しい設計を採用する見込みです。

ラスベガスで来週から開催のCES 2012では、7インチと10インチ高解像度の新タブレットが出展される予定。7インチのほうは、これまで何度か仕様違いで発表されている手描きスタイラス対応タブレット Eee Pad MeMo の可能性が高いと思われます(が、全然別かもしれません)。

10インチのほうは、高解像度ディスプレイを採用するほか情報なし。現時点ではうわさにすぎない Retina ディスプレイ搭載 iPad 3に先制攻撃を仕掛ける超高解像度の可能性も、現行の1280 x 800 より多少上程度の可能性もあります。そういえばライバルのAcer は、Tegra 3 と1920 x 1200 ディスプレイ採用の Iconia Tab A700をCESで正式公開する見込み。

また、この「高解像度10インチタブレット」と年内予定のWindows 8タブレットがハードウェア的におなじという可能性もあります。マイクロソフトはWindows 8 のディスプレイ要件として、画面を横に分割して二つのMetroスタイルアプリを並べる「スナップ」には1366 x 768以上を要求していることから、Windows 8をフルに活用できるタブレットならば横は1366px以上が期待されるところです。

Eee Pad Transformer Prime の3Gモデルは、UMTS (WCDMA)対応の3Gモデムを内蔵するほか、WiFi版Transformer Prime より強力なGPSチップを搭載する予定。通信機能とGPSが一体化したチップを載せるためと考えられますが、WiFi 版のTransformer PrimeではGPSの感度が不評だったため、これから購入するユーザーにはありがたい話です。いずれにせよ、週明けにはCES 2012のAsusブースから最新モデルの展示情報をお伝えします。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asus, CES 2012, Ces2012, eee pad, Eee Pad MeMo, EeePad, EeePadMemo, Transformer Prime, TransformerPrime, Windows 8, Windows8
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents