USBストレージを無線共有&クラウド同期するアダプタ CloudFTP

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2012年01月8日, 午後 01:57 in box.net
0シェア
FacebookTwitter
クラウド出資サイト Kickstarter で先立つものを募っていたストレージ無線化アダプタ CloudFTPが、目標の10万ドルを大幅に上回る26万2351ドルを獲得して製品化への資金集めを成功させました。CloudFTPはUSBストレージ機器を無線化してさまざまな機器からアクセス可能にする製品。

本体にはUSB 2.0ホストポートと802.11b/g/n WiFi、TIのARM9プロセッサ、ステータスとネットワーク情報表示用の液晶画面、2600mAhの大容量リチウムイオンバッテリーを備え、単体で最大5時間駆動が可能。USBポートは5V/1Aを給電でき、USBメモリのほかHDD / SSD、リーダー経由のメモリーカードなどUSBストレージ機器に対応します。本体サイズは75 x 58 x 22mm、重さ109g。

接続したUSBストレージへのアクセスにはHTML5ベースのウェブアプリまたは iOS / Android 用アプリを使い、3台までのWiFi対応機器とアクセスやストリーミングができます。CloudFTPのWiFi はアドホックモードでは自身がWiFi APになり接続を受け付けるほか、外部のアクセスポイントに接続することも可能(インフラストラクチャモード)。

前者ではネットワークのない場所でも使えるかわりに外部機器側はCloudFTPを接続先に選択する必要がある一方、後者では同一ネットワーク内の機器からアクセスできます。後者のインフラストラクチャモードで面白いのは、外部ネットワークがインターネットに接続していた場合、CloudFTP単体で iCloudやDropbox、box.net などのクラウドストレージサービスに接続しUSBストレージの中身を同期できること。つまり「USBメモリの中身に iPhone からアクセスする」のほか、USBマスストレージ対応機器に保存した写真や動画、任意ファイルを自動的にアップする汎用Eye-Fi 的な使い方もできます。

CloudFTP の価格は一台 99ドル。Kickstarter を通じた出資の形で購入予約していた場合、一台69ドルで2月にも出荷が始まります。続きは開発者 Daniel Chin が語るプロモ動画。Mac用のバッテリー HyperMac あらため HyperJuice などを販売する Sanho Corporation の中の人です。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: box.net, ces 2012, Ces2012, cloudftp, dropbox, icloud, kickstarter, sanho, usb drive, UsbDrive
0シェア
FacebookTwitter